従業員コメント

吉田 晃2013年入社 プランナー

- ハイドに入る前と、今はどうなっているか

私は他業種からの転職組なのですが、1日中ゲームのことを考えていて良いというのが、なにより大きく変わったことです。ゲーム中心の生活になりました……と言いたいところですが、プライベートはもともとそうでしたね。自宅でゲームをついついやりすぎてしまったときも、「これも仕事だから」と自分に言い訳をできるようになったのが、この仕事のすばらしいところです。

- 入った当初のハイドのイメージ今のイメージ

私が入社したころはまだ社員も今より少なく、職人集団という雰囲気が強くありました。今は人数も増え、一般的にイメージされる会社に近くなったと思います。ハイドで特徴的だなと感じるのは、手を上げた人にチャンスを貰えることですね。また、ありがたいことに、多くのメーカーさんとお取引をさせて頂いていますので、ジャンルを問わず新作の提案をすることもできます。逆に待っているだけで指示して欲しい人には、向かない会社かもしれません。

- ハイドの人間関係

ゲーム会社らしい変わった人から、意外と普通な人まで色んなキャラクターが揃っています。会社の人とプライベートでつきあいたい場合はそれぞれに楽しく、そうでない場合も強制参加なんてことはありません。色んなタイプの人がいますので、それぞれの過ごし方が見つかると思います。
私が一緒に働きたい人は、「ゲームの攻略や分析を自力で行う人」と「気づいたら何かを作っちゃっているような人」です。この2つを持っている方とは、未経験でもぜひ一緒に働いてみたいですね。

- ハイドってどんな所?

最初の印象は「静かな会社!」でした。ですが、仕事を通じてメンバーを知るうち、実は面白い人がたくさんいる会社だなと、今では思っています。
自分から話しかける人は少ないですが、こちらから行けばみなさんしっかり応えてくれます。中には秘蔵の面白ネタを隠し持っている人もいるので、つっついてみるのも良いかもしれません。

- やりがいを感じる瞬間

自分が開発したタイトルがリリースされ、ユーザーさんのポジティブな感想を見た時が一番嬉しい瞬間です。つきなみな感想ですが、それだけに業界のみなさん、同じことを感じているのではないでしょうか。
逆に悔しい想いをするのは、関わっていたタイトルがリリース中止になった時です。理由は様々ですが、どんな理由だったとしても辛いですね。

- これからこんな事をしていきたい(10年後の目標)

ハイドの顔になるようなオリジナルタイトルをリリースしたいです。10年後と言わず数年後には出したいですね。ありがたいことに受託のお仕事をたくさん頂いているので、どうしてもそちらが優先になってしまいますが、いくつか水面下で進めています。10年後にはそれらが人気シリーズになってくれているといいなと妄想する毎日です。

- 印象に残っているエピソードがあれば

色んなトラブルエピソードが大量に思い浮かぶのですが、それはヤバすぎて書けません(笑)。ですが、どれも今となっては「業界あるある」として笑い話ですね。そういったトラブルを乗り越えたチームは、次にちょっとした問題が起きても軽くこなしていけるのでとても心強いです。そんなメンバーがいるのもハイドの魅力ですね。(ひどい目になんて合わないのが一番、という話はおいといて……)

- 就職・転職を考えている方にメッセージ

がんがん手を上げていくタイプの方にはとても面白い会社です。もちろん、手を上げたらすぐチャレンジさせてもらえるとは限りませんが、かなり間口は広い会社だと思います。転んでも転んでも前に転がり続けられるような方、一緒に働けるのをお待ちしています。

常石 一希2020年入社 プランナー
アミューズメントメディア総合学院 ゲームプランナー学科卒

- ハイドに入る前と、今はどうなっているか

行動力が上がったと思います。 昔は興味があるものは動画サイトやネットで調べて終わることが多かったのですが、 最近では調べるだけに留まらず、実際に体験しに行くことが増えてきました。 それで得た知識や経験が仕事で役立ったこともあったので、 これからもどんどん新しいことに興味を持ち体験して行こうと思っています。

- 入った当初のハイドのイメージ今のイメージ

様々なジャンルのゲームに携われそうというのが入社当初のイメージで、 現在はそれがより強いものになっています。 会社自体が、現状の強みは伸ばして新たな強みもつけ続けるといった思想を持っているので、 今後もそのイメージはどんどん強くなっていくと思います。

- ハイドの人間関係

コミュニケーション力の有無に関わらず良好な関係を築けやすい環境だと思います。 質問や相談をすれば優しく教えていただけますし、上司や先輩から話しかけられることもしばしばあります。 また、社員は個性的な方々ばかりですので、話していて楽しいですしとても為になります。 これからも、自分に無い考え方や価値観を持った方々と一緒に働いていきたいです。

- ハイドってどんな所?

自身の個性を最大限に発揮できる場所です。 上司の方々は部下に対して考え方ややり方を押し付けようとはせず、 その人の考え方ややり方を尊重した上で、間違っているところをご指摘してくださいます。 なので、個性を活かしながら成長していけると思います。

- やりがいを感じる瞬間

できることが増えた瞬間です。 私自身まだまだ知識や技術が少ないので、それらを身に着けた際には大きな達成感が得られます。

- これからこんな事をしていきたい(10年後の目標)

どんな仕事でも人一倍の成果を出せるオールラウンダーになりたいです。 その為に、任された仕事をこなしながらスキマ時間を利用して様々な知識やスキルを身につけていきたいです。 まずは求められていることの見極め方や物事を広い視野で見る方法を学ぼうと思っています。

- 印象に残っているエピソードがあれば

Excelの関数を始めて教わったときが強く印象に残っています。 入社当初はExcelで作業をする際に関数を使うといった考えがなく、 全て手動で資料の作成やデータの抜き出しなどを行っていました。 その後上司から関数を教えてもらい、今までに掛かった作業時間がかなり短縮できたことに衝撃を受けました。 それからは、やりたいことに対して効率的に行える方法がないかを調べる様になりました。

- 就職・転職を考えている方にメッセージ

ハイドは個人が輝ける職場だと思います。 その人の「やりたい」を尊重し、サポートしてくれるので、 やりたいことや目標がある人にとって、とても有意義な環境になると思います。

古田 岳2021年入社 デザイナー
新潟コンピュータ専門学校 ゲームクリエーター科卒

- ハイドに入る前と、今はどうなっているか

入社前はただ遊ぶ、楽しむことがメインでゲームをすることが多かったのですが、 入社して実際に開発に携わったことで、どんな構造でモデルが作られているか、質感をどう表現しているかなど、ゲームを構成するものについてより意識するようになりました。 今ではそこから自分が制作するモデルに何か反映できるものがないか考えたりすることもゲームをする楽しみの一つです。

- 入った当初のハイドのイメージ今のイメージ

専門業界という事で職人集団が働いているというイメージが強かった印象があり、技術、知識共に不安でした。 しかし、上司や先輩の皆さんが親切に教えてくださるのでより専門的な知識を身に着けつつ成長を感じられています。

- ハイドの人間関係

年齢やゲームに対する考え方が様々な人が在籍していますが、 先輩後輩、上司部下など社員間の上下関係の壁は低く、コミュニケーションが取りやすいと感じています。 仕事で分からないことがあれば、先輩や上司が質問や相談を聞いてくれて優しく対応してくれます。 また、休憩中など普段の何気ない会話から仕事でのスムーズなやり取りにも繋がったりする時もあります。 そのため人間関係にストレスを特に感じることもなかったので居心地の良い環境だと思います。

- ハイドってどんな所?

新しい事に挑戦して技術や経験を積み重ねられる会社だと思います。 仕事をする上で経験の浅いことを担当する時があるかもしれませんが、その中でも技術や知識を身に着けるチャンスがあるので幅広い経験を積むことができると思います。

- やりがいを感じる瞬間

自分自身ゲームが大好きなのもあり、仕事が楽しくやりがいを感じています。 特に、プロジェクトメンバーとして制作に関わった作品が世に出た時は嬉しいです。 また、次はこうしたら前よりスムーズにできるという発見や、限られた時間の配分を見直してみたりといった改善など、そういった体験もやりがいに繋がっていると感じています。

- これからこんな事をしていきたい(10年後の目標)

これからもこの業界で働くことに変わりはないと思います。 そしてゲームから体験した楽しさや感動をユーザーの皆様に体験していただけるようなゲームの開発に携わりたいと考えています。 そのためにも与えられた仕事だけではなく、時代に合わせて進化していく新しいスキルや表現力を身に着けるためにも日々の努力を欠かさず挑戦していきたいと思います。

- 印象に残っているエピソードがあれば

アプリ開発で初めて背景のモデル素材をデザインからモデルの作成まで担当した作業は今でも記憶に残っています。 うまく表現ができない時には、先輩や上司が丁寧にアドバイスをしてくれました。 よりよくするために帰った後も自宅で勉強と練習を繰り返し、制作したもののOKが出た時の嬉しさは忘れません。 その時の経験で、全体の雰囲気、質感を揃えられているか、モデルのサイズに違和感がないか、イメージ合ったデザインかなどなど より一層普段の制作で意識するきっかけになっています。

- 就職・転職を考えている方にメッセージ

スマホからコンシューマー、PCゲームと様々な媒体、幅広いゲームジャンルの制作にチャレンジすることができると思います。 また、その中で分からない事があっても支えてくれる環境もあるので、新しい挑戦をして知識や経験をしたい方にお勧めしたいです。

黒田 乃愛2021年入社 デザイナー
日本デザイナー美術学院 映像学科キャラクターデザインコース卒

- ハイドに入る前と、今はどうなっているか

入社する前は知識や技術面で不安がありましたが、上司や先輩方から的確なアドバイスを頂けるので技術面での成長を感じています。 同じ絵を描くことでも学生では思いもしなかった視点からの考え方を得られるので、とても有意義な経験を積めていると思います。

- 入った当初のハイドのイメージ今のイメージ

入社したての頃はリモートで作業されている方も多く、出社されている方も黙々と作業をしている姿をよく見ていたので会社全体が静かなイメージでした。 最近はいろいろな方とお話できる機会が増えてきて、仕事以外の趣味の話や雑談などで面白いお話を聞けたりします。

- ハイドの人間関係

質問や相談がしやすい優しい方が多い印象です。 経験豊富なベテランの方が多く、迷ったり悩んだりしたたときには丁寧に教えて頂けるのでとても助かっています。 またチームで作っている感覚が強く職種間の壁はあまり感じないので、黙々と作業をこなすよりコミュニケーションをとりながら楽しく仕事ができたらいいなと思います。

- ハイドってどんな所?

色々なスキルや経験を得られる会社だと思います。 私は2Dデザイナーとして入社しましたが、入社してから3DCGを本格的に使ったり、学生時代に使ったことがないソフトを使っていてとてもいい経験になっています。 何事にも挑戦できる環境であることはとてもありがたく、日々成長できるよう努めています。

- やりがいを感じる瞬間

私はまだ経験が浅く未経験のことを任されたりするときは不安が大きいのですが、提出した際にリテイクがなかったり、お褒めの言葉をいただいたときはやりがいを感じました。 自分自身で試行錯誤したり、アドバイスをいただきながらいいものが作れた時はとても達成感があります。

- これからこんな事をしていきたい(10年後の目標)

10年後もこの業界で仕事をしていたいと思います。 10年経つと業界はは大きく変化していると思いますので、それらに対応できるようにアンテナを張って情報収集はしておきたいです。 また今は監修をして頂いている立場ですので、もっと経験を積んで引っ張っていけるような立場になれるよう努力していきたいと思います。

- 印象に残っているエピソードがあれば

始めて参加したプロジェクトはとても印象に残っています。 最初はまだ流れを理解しておらず不安であたふたしながら取り組んでいた記憶がありますが、最終的によかったですと言って頂けたときの感動は忘れずに持っていたいです。

- 就職・転職を考えている方にメッセージ

ハイドでは様々なプロジェクトがあるので、新たなスキルや知識を身に着けたいという方には合っている会社だと思います。 私自身も未経験の仕事を任されたときは不安な気持ちになりますが、周囲にしっかりサポートしていただけますのでとてもいい環境だと思います。

花谷 海里2016年入社 プログラマー
日本工学院専門学校 ゲームクリエイター科2年制卒

- ハイドに入る前と、今はどうなっているか

入社前は技術的な知識に乏しく不安で一杯でした。
しかし、上司や先輩の皆さんが丁寧に教えて下さるため、今は成長を実感できています。
また、プラットフォームが異なるプロジェクトに関わる事で、新鮮な気持ちで日々経験を積むことが出来ました。
各プロジェクトへの配属は経験や能力を考慮してもらえるので、段々と自信を付けることが出来、現在はプロジェクトのメインプログラマーを任せて貰える程になりました。

- 入った当初のハイドのイメージ今のイメージ

入社当初は社員数が50人程で中規模のプロジェクトが多く、歴戦の戦士が戦うイメージでしたが、現在は100人を軽く超え、支部が建つ程の大所帯となり、大規模なプロジェクトも増加しました。
それにつれて専門的な技術に触れる機会が増えているため、以前より成長出来る環境が整っています。
常に会社と社員が進化し続けていく、そのような印象を受けています。
入社してからまだ4年程の若輩者ですが、本当に目覚ましい成長を遂げていると感じています。

- ハイドの人間関係

社員間の壁は非常に低く、質問や相談がし易い環境です。
わからない事があれば先輩や上司が優しく教えてくれますし、困った事があれば親身になって聞いてくれます。
これからも、楽しく一緒に成長できる方と働きたいです。

- ハイドってどんな所?

先輩も上司も優しく接してくれるので非常に居心地の良い会社です。
常に新しい事に挑戦し進化続けるので、多種多様な経験を積む事が出来ます。

- やりがいを感じる瞬間

プロジェクトメンバーと苦労して作り上げた作品が世に出せた時の達成感は格別ですね。
店頭でパッケージが並んでいるのを見たときや、SNSで楽しんでいるのを見たときに一番やりがいを感じます。

- これからこんな事をしていきたい

よりユーザーの皆様に感動を与えられるように、ストレスフリーな操作感を確保しつつ、表現力を高め、今まで以上に拘りを持って作品を提供していきたいと思います。
10年後にはユーザーの皆様の想像を超えて称賛されるような作品を世に出したいです。

- 印象に残っているエピソードがあれば

一番印象に残っているのは、より良いものを作る為にプロジェクトの進行が大きく巻き戻った時です。
一番辛い時期でもありましたが、その甲斐もあり納得のいくモノが作れたと思います。
それからは仕様書の段階から積極的に意見を出すようにして、プロジェクトが円滑に進むよう注意しています。

-就職・転職を考えている方にメッセージ

社内は居心地の良い雰囲気です。
多方面に経験を積む機会がありますので、探究心と向上心がある方にお勧めしたい会社です。

土屋 潔2017年入社 プログラマー
ヒューマンアカデミー仙台校 ゲームカレッジプログラマー専攻卒

- ハイドに入る前と、今はどうなっているか

まず第一に、技術面の成長を実感しています。
入社してから様々なタイトル・ハードの開発に携わることができました。開発を進めていく上で少しずつではありますが、新しく言語の習得もできていて、有意義な経験を積めています。
また、仕事を通して様々な技術を目にして、個人として学んでみたいことや触れてみたいことなどが入社前と比べて格段に増えました。
以前はイマイチ理解できなかったことも、今一度学び直して見ると理解できることが多くあり、休日はプログラミングの他に別分野の勉強などもするようになりました。

- 入った当初のハイドのイメージ今のイメージ

インターンシップで1か月ほどお世話になりましたが、そのころとイメージは変わってないですね。

- ハイドの人間関係

先輩後輩、上司部下といった心的な壁が低く、とてもコミュニケーションが取りやすい印象です。
これだけだと語弊があるかもしれませんが、決してリスペクトがないということではなく、一個人として技術者・クリエイターとして尊敬しつつも肩肘張らない雰囲気です。
普段から雑談などでコミュニケーションをとりつつ開発を進めているので、分からない事の質問や相談事、自分からの提案がある際も発信し易いですね。
ですので、技術力はもちろん大事ではありますが、一緒に楽しく互いに情報共有しながら実力を伸ばしていける方とお仕事していけたらなと思います。

- ハイドってどんな所?

様々なゲームジャンル・ゲームハードでの開発を行っているので、ゲーム開発に必要な多くのスキルや経験を得ることが出来る企業だと思います。
自分はこれまでに複数のゲームの開発に参加させていただきましたが、開発していく上で自分の力だけではどうにも解決できない問題が発生したりします。
そんな時でも、スタッフの誰かは過去に経験・解決されているというのがほとんどですし、快く質問の受け答えもしてくれるので、手詰まりになった際には助けてもらいながら開発を進め、自分の知見を深めることが出来ます。
逆に自分が力を貸せた時は、しっかりと成長できてるなと実感できますね。

- やりがいを感じる瞬間

やはり、一番は作品がリリースされた時ですね。
作品によってはその後のアップデートなどの作業があったりもしますが、リリースという大きな山を越えた時の達成感はたまりません。

- これからこんな事をしていきたい(10年後の目標)

ユーザーの記憶にずっと残り続けるような作品を手掛けていきたいです。(もちろん良い意味で)
遊びたての時はその作品の内容を覚えているというのは当然だと思います。
でも数年経っても映像だったりプレイした感触だったりを憶えていられる作品はそんなに数多くないんじゃないかなと思っています。
リアルタイムで評価していただくのも勿論嬉しいですが、後々に「あの作品は良かった」「あのシステムは斬新だった」などと評価してもらえたらいいなと妄想したりしてます。
でも妄想で終わらせるのは嫌なので、これからも新しいことに挑戦しながら成長を続けていきたいですね。

- 印象に残っているエピソードがあれば

初めて作品のクレジットに自分の名前が載っているのを見た時ですね。
ゲーム開発に従事していればたくさん経験することではありますが、「初めて」ということもあり印象に残っています。
元々ゲームを作りたいという意思でこの業界に入ったわけですが、その時改めて遊ぶ側から作る側になったんだなと感じました。

- 就職・転職を考えている方にメッセージ

ハイドはスタッフ同士の距離が近いので、気さくな方や気の強い方なんかはすぐになじめるんじゃないかなと思います。
一緒にゲーム開発ができる日を心よりお待ちしております。