従業員コメント

吉田 晃2013年入社 プランナー

- ハイドに入る前と、今はどうなっているか

私は他業種からの転職組なのですが、1日中ゲームのことを考えていて良いというのが、なにより大きく変わったことです。ゲーム中心の生活になりました……と言いたいところですが、プライベートはもともとそうでしたね。自宅でゲームをついついやりすぎてしまったときも、「これも仕事だから」と自分に言い訳をできるようになったのが、この仕事のすばらしいところです。

- 入った当初のハイドのイメージ今のイメージ

私が入社したころはまだ社員も今より少なく、職人集団という雰囲気が強くありました。今は人数も増え、一般的にイメージされる会社に近くなったと思います。ハイドで特徴的だなと感じるのは、手を上げた人にチャンスを貰えることですね。また、ありがたいことに、多くのメーカーさんとお取引をさせて頂いていますので、ジャンルを問わず新作の提案をすることもできます。逆に待っているだけで指示して欲しい人には、向かない会社かもしれません。

- ハイドの人間関係

ゲーム会社らしい変わった人から、意外と普通な人まで色んなキャラクターが揃っています。会社の人とプライベートでつきあいたい場合はそれぞれに楽しく、そうでない場合も強制参加なんてことはありません。色んなタイプの人がいますので、それぞれの過ごし方が見つかると思います。
私が一緒に働きたい人は、「ゲームの攻略や分析を自力で行う人」と「気づいたら何かを作っちゃっているような人」です。この2つを持っている方とは、未経験でもぜひ一緒に働いてみたいですね。

- ハイドってどんな所?

最初の印象は「静かな会社!」でした。ですが、仕事を通じてメンバーを知るうち、実は面白い人がたくさんいる会社だなと、今では思っています。
自分から話しかける人は少ないですが、こちらから行けばみなさんしっかり応えてくれます。中には秘蔵の面白ネタを隠し持っている人もいるので、つっついてみるのも良いかもしれません。

- やりがいを感じる瞬間

自分が開発したタイトルがリリースされ、ユーザーさんのポジティブな感想を見た時が一番嬉しい瞬間です。つきなみな感想ですが、それだけに業界のみなさん、同じことを感じているのではないでしょうか。
逆に悔しい想いをするのは、関わっていたタイトルがリリース中止になった時です。理由は様々ですが、どんな理由だったとしても辛いですね。

- これからこんな事をしていきたい(10年後の目標)

ハイドの顔になるようなオリジナルタイトルをリリースしたいです。10年後と言わず数年後には出したいですね。ありがたいことに受託のお仕事をたくさん頂いているので、どうしてもそちらが優先になってしまいますが、いくつか水面下で進めています。10年後にはそれらが人気シリーズになってくれているといいなと妄想する毎日です。

- 印象に残っているエピソードがあれば

色んなトラブルエピソードが大量に思い浮かぶのですが、それはヤバすぎて書けません(笑)。ですが、どれも今となっては「業界あるある」として笑い話ですね。そういったトラブルを乗り越えたチームは、次にちょっとした問題が起きても軽くこなしていけるのでとても心強いです。そんなメンバーがいるのもハイドの魅力ですね。(ひどい目になんて合わないのが一番、という話はおいといて……)

- 就職・転職を考えている方にメッセージ

がんがん手を上げていくタイプの方にはとても面白い会社です。もちろん、手を上げたらすぐチャレンジさせてもらえるとは限りませんが、かなり間口は広い会社だと思います。転んでも転んでも前に転がり続けられるような方、一緒に働けるのをお待ちしています。

青沼 春美2009年入社 デザイナー
日本工学院八王子専門学校 CG・WEBデザイン科

- ハイドに入る前と、今はどうなっているか

入社前は、ゲームや映画、マンガなどは自分の好みに合うものばかり見ていましたが、今ではジャンルを問わず色々なものを見るようになりました。
また、SNS等を利用し積極的に情報をインプットするように心がけています。今では空き時間に情報収集を行い引き出しを増やすことが日課になっています。
私は作ることがとにかく大好きなので、入社前も入社後も自主制作は続けています。ただ学生時代とは違い中々自由になる時間は限られてきますので、作業時間を捻出するための時間の使い方は上手になったと思います。
あとコミュニケーション能力はハイドに入ってからあがった……と思っています!

- 入った当初のハイドのイメージ今のイメージ

入社当初は、デザイナー/プログラマー/プランナーそれぞれの仕事があり部署ごとに分かれて作業を行っていると思っていました。しかし実際は、プロジェクトに参加しているスタッフ全員で一本の作品を制作しているので、部署ごとの垣根はあまり感じませんでした。
デザイナーもプランナーに混ざって企画や仕様についてアイディアを出したり、プログラマーと連携してより良い表現を考えたり……。
開発会社ってこういうところなんだ!とワクワクした覚えがあります。
またゲーム会社は男性が多いイメージがありましたが、他の会社に比べてハイドは女性比率が高く性別関係なくみなさんバリバリ仕事をこなしています!

- ハイドの人間関係

優しい人が多い印象です。困っていたら声をかけてくれるし、休憩時間に同じゲームをしていたら輪に入れてもらえたりします。
逆に、静かに過ごしたい人にはそっとしておいてくれたり、皆さん空気を読むのが上手です。
人間関係でのストレスはあまり感じません。
また、皆さん新しい情報にとても敏感で、最新ゲームなどの話はとても盛り上がります。
与えられた仕事を淡々とこなすのも大事ですが、多方面にアンテナを張って色々なことに挑戦できるような方と一緒にお仕事ができたら良いなと思います。

- ハイドってどんな所?

ハイドでは常に大小多くのプロジェクトが走っているため、色々なジャンルに携わることができます。
3Dであれば頭身が高いキャラクターから、2頭身のSDキャラクターまで、またスマートフォン向けのローポリモデルから家庭用ゲーム機向けのミドルポリモデルなど、幅広いモデル制作が経験できます。
またデザイナーは2D、3D問わず、得意なことであれば挑戦させてもらえる環境ですので、2Dデザイナーが3Dモデルのテクスチャを描いたり、3Dデザイナーがキャラクターデザインのコンペに参加したりととても自由に「やりたい!」をやらせて貰える会社です。
もちろん必ずしも自分のやりたいことができるとは限りませんが、そういった業務からもやりがいを探しながら自分の力にすることで今後につながると思っています。

- やりがいを感じる瞬間

作ることが大好きなので、お仕事すべてが楽しく、やりがいを感じています。
また、携わったゲームが実際に発売されて、ニュースサイトに乗ったり実際の売り場で見かけたときは感動しました。
SNSなどで感想やファンアートなどを見かけるととても嬉しいです。
ただやはり開発にかけられる時間は限られていますので、もっとこういうことをやりたかった、もっと面白いことができたんじゃないかという悔しさを感じることはあります。
限られた時間の中で、ユーザーの皆様により楽しんで頂ける、自分たちも納得できるものを作っていくために、日々考え挑戦することを心掛けています。

- これからこんな事をしていきたい(10年後の目標)

どの業界にも言えることですが、スキルも、求められる表現力も、常に進化しています。
インプットを欠かさず、新しいことにチャレンジする積極的な姿勢で仕事に取り組みつつ、後輩たちを育てて部署をより強く大きくして行きたいと思っています。
また指導することだけでなく、スタッフの人数が増えるとよりチームワークが必要になってきますので、コミュニケーションを取りやすい環境、ミスがあった際のフォローや気軽に相談出来るような雰囲気づくりができたら良いなと思います。

- 印象に残っているエピソードがあれば

初めて参加したプロジェクトで得た経験、行った作業は今でも記憶に残っています。
金属質感のマネキネコの手書きテクスチャがどうしてもうまく表現できなくて、少なくとも10回は直しました。
そんな私にも先輩は怒ることなく地道にアドバイスをしてくれました。期待に応えたい、絶対に良いものを作り上げるぞ! と自宅に帰ってからも必死に勉強、練習しました。そうして、監修担当の先輩からOKが出たときは、嬉しくて泣きそうになったことを今でも覚えています。

- 就職・転職を考えている方にメッセージ

ハイドは色々なジャンルのゲーム開発に携わることができます。
また、とても自由に「やりたい!」をやらせて貰える会社です。
もちろん必ずしも自分のやりたいことができるとは限りませんが、そういった業務からもやりがいを探しながら自分の力にすることで成長していける環境が整っています。
たくさんのことに興味を持てる方、ゲームに限らず何かを作り出すことが大好きな方にとってとても居心地の良い環境だと思います。

宗宮 礼佳2018年入社 デザイナー
専門学校日本デザイナー芸術学院【名古屋校】 キャラクターデザインコース

- ハイドに入る前と、今はどうなっているか

入社タイミングで一人暮らしを始めました。
初めは仕事と生活の両立が大変でした。
ゴミ出しや炊事洗濯など、今までやってこなかった事を自分自身でやらなければいけないという事もあり、自分の生活サイクルを確立するまでに苦労した記憶があります。
また、オフィスワークはほぼ初めてで、慣れるまでは大変でした。今では、仕事面に関しては上司のサポートもあり、徐々にですが私生活との両立にもだんだん慣れてきたと思います。

- 入った当初のハイドのイメージ今のイメージ

学生時代にインターンで別のゲーム会社に1週間ほどお仕事をさせていただいていました。
その会社では、各自がPCに向かって作業を行い、時折スタッフ間で交流があったのですが、そこでゲーム会社とはこういう感じなんだと思いました。
実際ハイドに入ってからも、各々の作業に集中し、適宜問題点や疑問点などがあった場合には、他のスタッフと話し合いをして問題解決をするという大まかな流れは変わらないように思います。
ですので、入社時と今でそこまで印象が変わった部分など大きなイメージ変化はありませんでした。

- ハイドの人間関係

ハイドにいる方々は年齢もバックグラウンドも様々で、多くのスキルや知識を持っています。
その為、何か仕事で迷って手が止まってしまった時には、的確なアドバイスをしてもらえるので大変ありがたく思っています。
また、休憩時間には仕事に関係のない雑談で盛り上がり、自分にはない価値観に触れる事が多々あるのですが、それが仕事上でより円滑なやりとりに繋がったりいい刺激になっています。
一人一人がよりよいゲームをつくりたいという向上心や熱意、情熱を持っているので、自分もチームとして一緒に働きたいという気持ちが一層強くなります。そういう人たちとこれからも共にゲームつくりをしていきたいと思います。

- ハイドってどんな所?

仕事(物作り)に対して一生懸命ですが、雑談をするときはみんなでワイワイ盛り上がることもあり、楽しい雰囲気です。
主な雑談内容としては、ゲームの進行度の話をしたり、おすすめのゲームや映画の話など趣味の話が多いです。
私はデザイナーなので、入社当時はデザイナーの上司に対して話しかけづらい印象を持っていましたが、まだ入りたての私の意見に対しても良い物には共感してくださったり、とても意見の出しやすい環境だなと思いました。
それ以降は、次第に相談や提案ができるようになりました。

- やりがいを感じる瞬間

ハイドに入社してからは多種多様なジャンルの仕事を任され、未経験の仕事を担当する度にとても緊張します。
ですので、自身で調べたり、相談したり試行錯誤して仕事をするよう努めています。自分で納得した物を提出するように心掛けて制作しているものの、リテイクが発生する事ももちろんあります。しかし提出した物が認められた時はとても達成感があります。
また、最初の頃は仕事の流れを理解していなかったこともあり、仕様変更に伴い変更対応が必要になった時は悲しく思う事もありました。しかし、仕事の流れを理解してからは、「ゲームとして良いものに」する為には必要なプロセスだと思えるようになりました。
この部分が自分にとって成長した部分だと思っています。

- これからこんな事をしていきたい(10年後の目標)

10年後もこの仕事をしていきたいと思っています。
その為に今与えられている仕事に一生懸命取り組みながら、プライベートの時間を使ってイラストの練習をしたり、人気のゲームを触ってみて、何が流行っているかの研究もするよう心掛けています。
また、自分自身がなぜこう表現したのかを他者にどう伝えると良いのかなども、この仕事を通じて考えるようになりました。
今はデザインの監修をしてもらっている立場なので、もっと経験を積んで監修やアドバイスができる立場になれる様に努力をしていきたいと思います。

- 印象に残っているエピソードがあれば

入社当初は、仕様書に記載されている内容でデザインをする際、指示通りの物を上げる事と心掛けていました。
ですが、時には仕様書以外の案も欲しいなどのオーダーもあるので、仕様を理解した上でより良いを提案する事もありました。
結果として指示と別の案だったとしても、良い物の場合は採用されるので、指示通りの物と別案をセットで積極的に制作するようにしています。

- 就職・転職を考えている方にメッセージ

ハイドでは、様々なゲームジャンルや媒体の制作に携わることが出来るので、幅広いタイトルにチャレンジすることが出来ると思います。
その為、新しいことに挑戦したいという方にはとてもやりがいのある環境だと思います。
私自身、経験のない仕事を担当した際には緊張や不安でいっぱいになった事もありましたが、周囲のアドバイスに支えられて乗り越える事が出来ました。そういった支えてくれる環境もあるので、新たなスキルや知識を身につけたい人達にはとても良い会社だと思います。

花谷 海里2016年入社 プログラマー
日本工学院専門学校 ゲームクリエイター科2年制卒

- ハイドに入る前と、今はどうなっているか

入社前は技術的な知識に乏しく不安で一杯でした。
しかし、上司や先輩の皆さんが丁寧に教えて下さるため、今は成長を実感できています。
また、プラットフォームが異なるプロジェクトに関わる事で、新鮮な気持ちで日々経験を積むことが出来ました。
各プロジェクトへの配属は経験や能力を考慮してもらえるので、段々と自信を付けることが出来、現在はプロジェクトのメインプログラマーを任せて貰える程になりました。

- 入った当初のハイドのイメージ今のイメージ

入社当初は社員数が50人程で中規模のプロジェクトが多く、歴戦の戦士が戦うイメージでしたが、現在は100人を軽く超え、支部が建つ程の大所帯となり、大規模なプロジェクトも増加しました。
それにつれて専門的な技術に触れる機会が増えているため、以前より成長出来る環境が整っています。
常に会社と社員が進化し続けていく、そのような印象を受けています。
入社してからまだ4年程の若輩者ですが、本当に目覚ましい成長を遂げていると感じています。

- ハイドの人間関係

社員間の壁は非常に低く、質問や相談がし易い環境です。
わからない事があれば先輩や上司が優しく教えてくれますし、困った事があれば親身になって聞いてくれます。
これからも、楽しく一緒に成長できる方と働きたいです。

- ハイドってどんな所?

先輩も上司も優しく接してくれるので非常に居心地の良い会社です。
常に新しい事に挑戦し進化続けるので、多種多様な経験を積む事が出来ます。

- やりがいを感じる瞬間

プロジェクトメンバーと苦労して作り上げた作品が世に出せた時の達成感は格別ですね。
店頭でパッケージが並んでいるのを見たときや、SNSで楽しんでいるのを見たときに一番やりがいを感じます。

- これからこんな事をしていきたい

よりユーザーの皆様に感動を与えられるように、ストレスフリーな操作感を確保しつつ、表現力を高め、今まで以上に拘りを持って作品を提供していきたいと思います。
10年後にはユーザーの皆様の想像を超えて称賛されるような作品を世に出したいです。

- 印象に残っているエピソードがあれば

一番印象に残っているのは、より良いものを作る為にプロジェクトの進行が大きく巻き戻った時です。
一番辛い時期でもありましたが、その甲斐もあり納得のいくモノが作れたと思います。
それからは仕様書の段階から積極的に意見を出すようにして、プロジェクトが円滑に進むよう注意しています。

-就職・転職を考えている方にメッセージ

社内は居心地の良い雰囲気です。
多方面に経験を積む機会がありますので、探究心と向上心がある方にお勧めしたい会社です。

土屋 潔2017年入社 プログラマー
ヒューマンアカデミー仙台校 ゲームカレッジプログラマー専攻

- ハイドに入る前と、今はどうなっているか

まず第一に、技術面の成長を実感しています。
入社してから様々なタイトル・ハードの開発に携わることができました。開発を進めていく上で少しずつではありますが、新しく言語の習得もできていて、有意義な経験を積めています。
また、仕事を通して様々な技術を目にして、個人として学んでみたいことや触れてみたいことなどが入社前と比べて格段に増えました。
以前はイマイチ理解できなかったことも、今一度学び直して見ると理解できることが多くあり、休日はプログラミングの他に別分野の勉強などもするようになりました。

- 入った当初のハイドのイメージ今のイメージ

インターンシップで1か月ほどお世話になりましたが、そのころとイメージは変わってないですね。

- ハイドの人間関係

先輩後輩、上司部下といった心的な壁が低く、とてもコミュニケーションが取りやすい印象です。
これだけだと語弊があるかもしれませんが、決してリスペクトがないということではなく、一個人として技術者・クリエイターとして尊敬しつつも肩肘張らない雰囲気です。
普段から雑談などでコミュニケーションをとりつつ開発を進めているので、分からない事の質問や相談事、自分からの提案がある際も発信し易いですね。
ですので、技術力はもちろん大事ではありますが、一緒に楽しく互いに情報共有しながら実力を伸ばしていける方とお仕事していけたらなと思います。

- ハイドってどんな所?

様々なゲームジャンル・ゲームハードでの開発を行っているので、ゲーム開発に必要な多くのスキルや経験を得ることが出来る企業だと思います。
自分はこれまでに複数のゲームの開発に参加させていただきましたが、開発していく上で自分の力だけではどうにも解決できない問題が発生したりします。
そんな時でも、スタッフの誰かは過去に経験・解決されているというのがほとんどですし、快く質問の受け答えもしてくれるので、手詰まりになった際には助けてもらいながら開発を進め、自分の知見を深めることが出来ます。
逆に自分が力を貸せた時は、しっかりと成長できてるなと実感できますね。

- やりがいを感じる瞬間

やはり、一番は作品がリリースされた時ですね。
作品によってはその後のアップデートなどの作業があったりもしますが、リリースという大きな山を越えた時の達成感はたまりません。

- これからこんな事をしていきたい(10年後の目標)

ユーザーの記憶にずっと残り続けるような作品を手掛けていきたいです。(もちろん良い意味で)
遊びたての時はその作品の内容を覚えているというのは当然だと思います。
でも数年経っても映像だったりプレイした感触だったりを憶えていられる作品はそんなに数多くないんじゃないかなと思っています。
リアルタイムで評価していただくのも勿論嬉しいですが、後々に「あの作品は良かった」「あのシステムは斬新だった」などと評価してもらえたらいいなと妄想したりしてます。
でも妄想で終わらせるのは嫌なので、これからも新しいことに挑戦しながら成長を続けていきたいですね。

- 印象に残っているエピソードがあれば

初めて作品のクレジットに自分の名前が載っているのを見た時ですね。
ゲーム開発に従事していればたくさん経験することではありますが、「初めて」ということもあり印象に残っています。
元々ゲームを作りたいという意思でこの業界に入ったわけですが、その時改めて遊ぶ側から作る側になったんだなと感じました。

- 就職・転職を考えている方にメッセージ

ハイドはスタッフ同士の距離が近いので、気さくな方や気の強い方なんかはすぐになじめるんじゃないかなと思います。
一緒にゲーム開発ができる日を心よりお待ちしております。